横浜三塔物語

 

横浜の港にはキング、ジャック、クイーンの三塔があるのをご存知ですか?

「キング」は神奈川県庁(昭和3年)
「クイーン」は横浜税関(昭和9年)
「ジャック」は横浜開港記念会館(大正6年)

の横浜港で古くから、入港の時の目印となるような個性的な塔を持った建物で、トランプのカードに見立てた愛称が付けられています。昭和初期に外国船員がトランプのカードに見立てて呼んだことが由来と言われています。

また、この三塔を一望できるスポットが3つあり、この3つのスポットを1日で巡ると、願いが叶うという伝説があります。これが「横浜三塔物語」です。カップルで巡ると結ばれるという噂もあるそうです。

 掲載した写真は、実は神奈川県庁屋上が一般開放されている時間帯に撮影したものでたまたま三塔写っていますが、三つのスポットとは別の場所です。

興味のある方、また三塔の詳しくは「横浜三塔物語」(神奈川県公式サイト)などをご覧ください。

 

Comments are closed.