「盛岡冷麺」 (岩手県盛岡市ほか)

 

今回も岩手のの定番「冷麺」をご紹介します。
「盛岡冷麺」はわんこそば、じゃじゃ麺と並んで「盛岡の三大麺」と称される名物麺料理です。
コシの強い面に甘いスープにカクテキの辛味が入る冷製の麺で、具がキムチ(カクテキ)、牛肉、果物などユニークなのが特徴です。

まずは私も一度しか行ったことのない、現地の有名店からご紹介します。

「盛楼閣」

「盛楼閣」看板のみ

盛岡駅前のビルにある、盛岡で一、二に挙げられる冷麺が楽しめるお店です。
本格的な焼肉のお店でもあり、行列でなかなかは入れなかったお店です。
旅行帰りの短い時間でやっと入れたので残念ながら写真がおみせできなくて残念ですが、場所と感想だけでもと思い載せました。
一言で片付けてすみませんが、冷麺も焼肉も「大変おいしゅうございました。」

次は旅行中によく立ち寄る盛岡駅のお店です。

「明明家(みょんみょんや)」

「明明家」店構え

盛岡駅ビル「フェザン」の地下にあり、改札も近いので便利です。
比較的地元の人っぽいお客さんが多く、人気がありそうな感じ。
撮影した日も、私は時間待ちなしでしたが、その後待ち時間が出ていたようです。

「明明家」 焼肉カルビ丼セット

この日は「焼肉(カルビ)丼」とセットにしてみました、こってりしたボリューム感のあるどんぶりと、
すっきりした味で歯ごたえのある冷麺が食欲をそそります。
ちなみに奥にある赤い入れ物は…

「明明家」 冷麺 別辛

注文のときに、辛味を聞かれます。その際に辛味を別にしてもらい自分で調整できるんです。
「別辛」といいます。

次に最近地元、神奈川でも本格的な冷麺が食べられます。

「びょんぴょん舎オンマーキッチンラゾーナ川崎店」

ぴょぴょん舎 「川崎ラゾーナ店」 冷麺

ぴょんぴょん舎は「盛岡冷麺」のネーミングを最初に使ったと言われるお店だそうで、最近は銀座、この川崎のお店のほか埼玉にもお店が出ています。
川崎のお店は川崎駅直結の大型ショッピングモールの「ラゾーナ川崎」1階のフードコート内にあります。
冷麺そのものはさすがにオーソドックスな感じが好ましく。歯ごたえのある麺と甘辛いスープと肉などの具がかもし出す複雑でありながら、さっぱりした味わいは癖になります。
こちらのお店も注文と際、辛味を聞かれます。分からない場合は「別辛」を選べます。

(余談ですが、ぴょんぴょん舎ウエブサイトの「冷麺とは?」の記述によると 「10月17日は「盛岡冷麺の日」となりました。」とこのと。ちなみに私の誕生日は10月17日です(笑)

ラゾーナ川崎1階フードコートには、このほか、「富士宮やきそば」やパスタの「壁の穴」、ラーメンの「すみれ」など、和洋中いろいろいなご飯を楽し むことができます。フードコートの他にも単独のお店もあるので、何度か訪問していろいろ食べ倒すのがおもしろそうですね。(私はラゾーナの広報ではありま せん(笑)、念のため)

最後におまけです。冷麺と並び「盛岡三大麺」のひとつ(もうひとつは「わんこそば」)

 

盛岡じゃじゃ麺

じゃじゃ麺

以前、盛岡みやげに買ってきたものです。濃い味の肉味噌が癖になりそうです。

三大麺のうち、わんこそば以外の2つは大陸からのごはんが改良を重ねて地元になじんだんですね、ご当地ブームのはるか前に地元名物になってたんだから、盛岡の人の柔軟な発想と努力に改めて感動。

 

(完)
最後までお読みいただきありがとうございます。
 

Comments are closed.