神奈川で食べる沖縄料理(神奈川県横浜市鶴見区、川崎市川崎区)

 

今回はいったん東北を離れて、地元神奈川で味わえる「沖縄料理」を紹介します。
というのは、川崎や鶴見の臨海地域には沖縄出身の方が多く住んでいらっしゃるそうで、
本格的な沖縄料理を食べさせてくれる店が住宅地の中にあったりするんです。

仲通商店街(神奈川県横浜市鶴見区)

まず横浜の中にある「沖縄」の街「仲通商店街」です。

仲通商店街入口
電車で行こうとすると、鶴見線の鶴見小野駅からそれなりに歩く必要がある場所です。
この商店街におきなわの物産店や、沖縄料理が点在しています。

自販機見慣れない飲み物

自動販売機まで「沖縄」仕様だったりします。

ルートビア

(売っている中には沖縄ショップでよく見かけるルートビアもありました。)

ヤージ小 店構え

さて、今回立ち寄ったのはメインストリートからはちょっと離れた「ヤージ小(くわ)」というお店。大概ここで食べるときは定食なんですが、最近あち こちで見かける「沖縄料理店」と違ってうまく表現はできませんが、妙な創作や、ひねりをしない、家庭料理のような地元でしか味わえない味が楽しめるので気 に入っています。
例によって料理の写真はまだ撮ってません。とりあえずご紹介まで。

次はお料理の写真しかありませんが、川崎の沖縄料理店を紹介します。

「琉球」

京急線「京急川崎」で「大師線」に乗り換え、「川崎大師」か隣「東門前」の駅から徒歩でいけるの国道沿いのお店です。

外見は沖縄料理店であることをアピールして気になっていた私が、数年前友人と何度か行ったお店です。
ネットでの情報では常連さんが多く敷居が高いとの話もききますが、私はそれなりの人数で行ったので気になりませんでした。
では、そのときいただいた沖縄料理をご紹介しましょう。

「琉球」 ゴーヤチャンプル

最初の画像は定番の「ゴーヤチャンプル」。さすがに本場の人が作っているせいか美味しかったですよ。
横にあるのは「ヤギ刺」です。

「琉球」 ヤギ刺し

続いては「ヤギ刺」拡大の図です。(笑)
ええ、ヤギの肉。
生肉の刺身がメニューにあるとついつい注文してしまうんです。
臭さは無く美味しいお肉でした。

 

この他にも、ソーキ入りや焼きそばもある「沖縄そば」、タコライスなど定番メニューのほか
泡盛に漬けた発酵した豆腐「豆腐よう」など一度では味わい尽くせないメニューがあるお店でした。

 

(完)
最後までお読みいただきありがとうございます。

Comments are closed.