九つ井でお弁当

 

今回は毎年友人と年末にお食事会をする「九つ井」の紹介です。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

毎年年末年始に一度こちらのお店で年に一度の「贅沢」を楽しむという趣旨の食事会で利用してます。

贅沢とはいえ、こちらのお店、懐石やいろり焼きなど、個室で楽しむだけあってフルコース的な料理やその場で焼いたものを楽しめたりするんですが、少々値段が張るので最近では「懐石松花堂弁当」をもっぱら楽しんでいます。それでも総額7,000円はするのでなかなかの贅沢。。


店構えとか、撮り忘れました。。もはやお約束(汗)

まずは離れのお席について前の簾の下にはいろりがあります。

今回はお弁当なので隠れています。

 

食前酒の梅酒とともに。。本日のお品書き。。

続いてお品書きの順でお料理が来ます。

 

つづいて、お刺身が来ます。

 



 

次にご飯ものが一組来ます。

右が汁物、左は鳥ごぼうご飯です。そして、真ん中の蓋を取ると。。

 

煮物が出てきます。

いずれも上品な味付け、汁物は濃厚とてもメリハリがあって美味しい。

 

 

 

 

 

 

次はいよいよメインのお重がきます。

 

かに真蒸などの揚げ物

右下に隠れていますが茶色いのがそばコロッケお蕎麦やさんらしいですね。

 

 

卵焼きや干し柿に芽キャベツなど。。

 

 

 

 

ブリ照りとか。。

 

 

 

 

 

 

サーモンとカブ

 

 

 

 

一品一品じっくり味わって。。仕上げは

デザートのおまんじゅう。

量は人によっては物足らないかもしれませんが、まさに師走だけの贅沢ってかんじです。

今年もごちそうさまでした。

ちなみに去年の料理はこんな感じでした。

このお店は、離れで食事を楽しむほかに店内いたるところに、陶芸品があったり、和の「庵」というか隠れ家感があって落ち着くし、楽しいです。

 

 

読んでくれてありがとニャン

良いお年をお迎えください

Jack

Comments are closed.